一発逆転思考が身を滅ぼす。

お久しぶりの投稿になります。m(_ _)m


最近本当に一発逆転の宝くじ系のオファーが多いですね。



・仮想通貨×MLM

・FXツール

・MLM

僕は、非常に懐疑的です。



そんなのに高額なお金を支払うのであれば、

自分自身に投資をして、

それをマネタイズした方が、

確実に収益を得るのが速いからです。







でも、こんなにたくさんの

「楽して稼ぐ」「簡単に儲けられる」系のオファーが多いのは、参加する人が多いからなんですよね。





販売者は、稼げる事が分かってるから、

お金をかけて広告を打って、プロモーションを仕掛けるわけです。







そのオファーは、本当に稼げるのですか?



永遠に稼ぎ続けることが出来るのですか?



その購入金額を取り戻せる案件ですか?







人間の中にある、

「楽して儲けたい、稼ぎたい」

という欲に流されて、自滅している人をたくさん見てきました。





それでも尚、楽して稼げる案件に目移りしていく人もいます。







僕は、

自力でライスワークを築き、

そこで立ち直る程度に稼いでもらい、

そこからライフワークを築いていくサービスを提供していますが、

今の「簡単に稼げる、儲けられる」という案件に流されてしまう人がいることが、

残念でなりません。







そこにお金を投じることは、

知識も得られず、自己成長にも繋がらないものであり、

その簡単に稼げる系のオファーが偽物だったら、あなたに何が残るのでしょうか?



副業でやるなら、クラウドソーシングで案件がたくさんあります。

本気でネットで稼ぎ続けていきたいのであれば、

自己投資をして、

学び、学んだものを自分でまとめ直して、

SNSやブログなどでシェアし、

それを繰り返していって、

知識を知恵に変えていき、

その知恵を必要としてる人に提供して、

愛を持って向き合って、

コミュニケーションを取って、

商品やサービスを購入してもらうということが必要になってきます。



または、

アフィリエイトなどの教材を購入して、

結果が出るまで絶対に諦めず続けることが必要です。







ネットで稼いでいくには、

あなたが「発信者」にならなくてはならないんです。





「情報を受けて購入する側」ではなく、

「情報を発信して販売する側」に立たないと、稼げるようには絶対にならないんです。

そういった意味で、

Facebookは、今一番いいプラットフォームであり、





アウトプットの場として利用できて、

共感してくれる人も現れたり、

コミュニケーションも取れたり、

簡単に情報発信ができる最高の媒体です。





Facebookを活用して、

自力で稼ぎ始めている方もめちゃくちゃたくさんいます。



自力で稼いでいくには、

今Facebookを使わないと損なんです。







あなたは、お金を宝くじ的なギャンブル案件に賭けますか?



それとも、

ネットでずっと稼ぎ続けていく力を手に入れたいですか?

見込み客に望む行動を起こしてもらうためのライティングテクニック47

あなたが望む行動を起こしてもらうためのライティング技術47

(チェックリスト)


 

あなたは、お客様に望む行動を起こしてもらう必要があります。

そうしなければ、商売を続けていくことはできません。

 

圧倒的で魅力的で、絶対に断れないオファー」をしたうえで、

これからお伝えする47項目が、セールスレターやメールに入っているか確認してみてください。




また、この47項目以外にも、

文章中に『愛』が感じられなければ、

売れないこともお忘れなく。


 

『感情は文章にのる』ことを肝に命じて、文を書いて欲しいと思います。

 

それでは、行動を起こしてもらうための47項目です。

続きを読む

ベネフィットの書き方5ステップ

今回は、「ベネフィットの出し方」について
お話したいと思います。


まず、「ベネフィット」とは何でしょう?


よく言われているのは、
『お客様が欲しいのはドリルではなくて穴である。』
という文章です。

この場合、ベネフィットが「穴を開けること(欲望)」
になります。

ドリルは、「製品」ですね。


ベネフィットとは、
「見込み客がその商品やサービスによって最終的に得られる結果」
ということになります。

 


では、
あなたの商品、またはアフィリエイトする商品やサービスから
ベネフィットを出すための5ステップをお届けします


■ステップ1
あなたの商品やサービスのみ込み客となるターゲット層の
欲求や問題、悩み、痛みをリサーチする。

それをノートにずらーっと書きまくる!

 


■ステップ2
あなたの商品やサービスの特徴や内容、
情報などを洗いざらいノートに書き出す。

 


■ステップ3
ベネフィットに転換する

ステップ1で書きだしたターゲット層の欲求や問題を
ステップ2で書きだしたあなたの商品やサービスの特徴や内容で
満たすものは何なのか?

理由、結果、意味を考える

また、満たした先はどうなのか?も考える

そして、ノートに書きまくる。

 

■ステップ4
ターゲット層の欲求や問題と結びつくまで、
徹底的に考えて、ノートに書きまくる。

■ステップ5
鮮明にイメージできるようにする。

実際に使うと何が起きるのかを鮮明に伝える。




以上、5ステップになりますが、
実際はベネフィットの出し方、
書き方にはいろいろなタイプがあるので、
自分にあう書き方でOKです。


5ステップは、参考程度にお使いください。


このように、セールスコピーを書いていくためには、
・商品リサーチ(特徴、内容など)
・ターゲットリサーチ(欲求、問題、痛み、悩みなど)
・ライバルリサーチ(ライバルとの差別化を考えていくため)
が必要になってきます。

 

なので、よいセールス文章を書くためには、
文章を書く時間よりもリサーチをする時間の方が
絶対的に大事になります。


このリサーチに関しては、
セールスレターでもランディングページでも
メルマガでも、SNS投稿でも一緒です。


いつも、読み手のことを考えて、
書いていきましょう!