『問題を提示し、問題を煽り、そして解決せよ』 キラーコピーの秘密ーその21ー

■キラーコピーの秘密ーその21ー


『問題を提示し、問題を煽り、そして解決せよ』

 

これは、AIDAの法則の続編であり、
ダン・ケネディの法則です。

http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/16.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/16a.png



 

 

この広告を見ていただければ、
実践的用法をお分かりいただけると思います。

 


『自分の行動をわかっている男性が大好き!』は、問題提示をしています。
これは、あなたが自分の行動に自覚のない人だと暗に批判しています。

 

そして、次に問題を煽っているのです。

 

著者は、自分の行動に無自覚な男性について論じています。

 

 

次に、
彼女こそがそのモンだしを解決できるのだと、
このコピーを読んだ読者ならこの本を買わずにいられなくなるでしょう。

 

 


このコピーを注意深く読んで、
先ほどの広告ををみれば、常にこれらの法則に沿っているのがわかります。

 

 

ほとんどのマーケティングや広告は、
問題を残したままでは機能しません。


 
「問題」といわれて基本的に思い浮かべるのは、
人間の日常的な生活の問題だと思います。

 

そうした問題を煽るのは、ダン・ケネディの得意技で、
とても重要なテクニックです。

 


ただ単に問題を提示するのでは不十分。

 


問題を煽るのは絶対に必要ですし、
物語の導入部分として王道の技です。

 

 


■キラーコピーの秘密ーその21ー

 
『問題を提示し、問題を煽り、そして解決せよ』

キラーコピーの秘密ーその20ー

■キラーコピーの秘密ーその20ー


『実績ある本物、AIDAの法則を用いて常にコピーを作成せよ』


 

以前にもご紹介した「AIDAの法則」

 
改めて、「AIDAの法則」とは、

 
「A」:Attention=注意、配慮、親切、丁重さ、敬意

「I」:Interest=興味、関心、利益、利子

「D」:Desire=欲望、性欲、依頼、望みのもの

「A」:Action=行動、実行、行い、所業

 

今までご紹介してきた広告は、
1:時代を超えて人間の精神性を示している。
2:注目を集め、「メリットを伝え、欲求をかき立てて行動させている。
この2点を忠実に守って書かれています。

 

さて、
「注目」とはなんでしょう?」
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/16.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/16a.png

http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/17.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/17a.png





 

『自分の行動をわかっている男性と一緒にいたい』というフレーズは注目を集めます。
『起業しようとした時、皆が私を笑った』というフレーズも読者の注意を引き、
続きを読みたくなるでしょう。

 

これらのような広告をしっかりと見て、学び、
そこからスワイプとして型を抜き出してみてください。

 

ここに真実がある限り、
わざわざ新しい物を作り出す必要はないのです。

 
あなたの商品に合わせてアレンジするだけ。

 
他には、何もおこなう必要はありません。

 

何らかのセールスを行うときに、
「AIDAの法則」に当てはめればいいのです。

 

 

最後に「AIDAの法則」の重要ポイントをまとめます。

 

●「A」= Attention =注目
とにかく注目を集めなければアンリません。
だからこそ、ヘッドラインを考えに考え、検討します。

 
コピー自体がいくらよくても、人々の注目を集めなければなりません。

 
人々の足を止め、
視線を奪わなければいけません。

 

 


●「I」= Interest =興味

 
ここは、あなたのコピーが広告する商品が、
どれだけ優れているものか、そのメリットをガンガン述べ始める部分です。

 

 

 

●「D」= Desire =願望・欲望

 
欲求を刺激する方法はたくさんありますが、
最良の方法の1つに衝動買いがあります。

 
だからこそ私たちは、綺麗なパッケージに多くの予算をかけ、
しっかりした保証も付けるのです。

 

 

●「A」= Action =行動

 
これこそが、読者に行動を起こさせる大一番です。

 
氾濫する広告の多くが消費者への注文や要求をし忘れています。

 
読者が「今」すべきこと。
読者が「今」そうする理由。

 

 
を明確に伝える必要があります。

 
もしAIDAの法則の他の要素を上手にアレンジできたとしても、
肝心のCTA(コール・トゥ・アクション)と理由説明を忘れた広告は
全くもって無意味となってしまいます。

 
消費者に行動のきっかけを与えるのです。

 
注文方法、支払方法は
可能な限り選択肢を広げて提供しましょう。

 

AIDAの法則とは、たったこれだけなのです。

 
便利で強力な勝利の方程式なのです。

 

 

■キラーコピーの秘密ーその20ー

 

『実績ある本物、AIDAの法則を用いて常にコピーを作成せよ』

キラーコピーの秘密ー続続続々その19ー

※只今、この資料を使っての説明を行っています。
ダウンロードを忘れずに!
http://the-ultimate-sales-writer.com/sjbn

 

いつも本当にありがとうございます。

セールスコピーライター&マーケター
あっくんです。

 

今回のひとつめの広告解説はこちら!
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/10.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/10a.png


まず、キャッチコピーから。

 

『起業するためのヒントが1万も! この巨大な本一冊に満載!」
そして、1冊の本のイラストとキャプション。

 

「10,000のアイデア、秘密の法則
もし、あなたがひたすら独立を求めているなら・・・
これらの実用的なアイデアで、今すぐ実行あるのみ」

 

読みづらいかもしれませんが
サブキャッチコピーはこちら。

 

「たった1つのアイデアからがっちり儲ける!」

 

 

ジョンソンボックスの中には、
こんなことが書かれています。
※ジョンソンボックスとは、
四角に囲んで、人目を引くものを言います。
使い方は様々ですが、ここでは割愛します。

 

「宣伝マンに送る入門書も同封されています-がっり大儲けできる商品
、販売会や祭りで大人気、1日に25,000ドルの大儲け、例外なし」

 

 

 

次の広告はこちら!
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/11.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/11a.png



 

『マッチョボディになる方法』
『リキッド・マーブルえ大儲け』

 
リキッド・マーブルについてはよくわかりませんが、
他にも参考になるキャッチコピーがたくさん書かれています。

 

『どもっていませんか?』
『自宅でメールオーダービジネスを始めましょう』
『無料本あります!』
『戦争と平和の時代の原子力』
『錠前の秘密』
『自宅で学ぶ鳥の標本のつくり方』
『特許と商標』
『自動車のボディとフェンダー修理で高給与』
『たった90日の自宅学習で、使える専門知識を学ぶ』

 
これらは、ガイドとしてこの先もずっと役に立つサンプルです。

 
次の広告はこちら!
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/15.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/15a.png



 

『時代に乗り遅れるな
1944年、セックスの新事実が今、明かされる!
男女の性の研究
カラー写真で見る人体』

 

サブヘッドラインには、
●この本があなたを目覚めさせる
●内容の一部を無料冊子でお届けします!

 

今でも「セックス」という言葉は、
とてもよく反応が取れます。

 

普遍こそ最強の真実なのです。

 

こちらの広告もセックスという言葉を使っています。
そして、ストーリー仕立てですね。
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/16.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/16a.png



 

最後はこの広告です。
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/17.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/17a.png



 

『起業するつもりだと行った私をみんな笑った」

 

 

このキャッチコピーは、
ジョン・ケイプルズのキャッチコピーにアレンジを加えて
使用しています。

 

 

どんなキャッチコピーを作ればよいかわからなくなった時は、
「~する度にみんな笑った。でも私が・・・」という一文を使うのも
一つの手です。

 

 

先ほどの広告のサブヘッドラインをご覧ください。

 

●メールオーダーで儲ける
●10万ドル
●証拠
●その秘密
●今すぐ始めよう
●無料冊子

 

この広告は、
読者の視線を誘導する別経路の手法も
大変良く出来ています。

 

読者が読みたくなければ、
それ以外の部分には目を通す必要がないのです。

 

読み手は、目立つ部分をざっと読んで、
気になるところだけを読みます。

 

なので、
サブヘッドラインはコピーライティングにおいて、
必要不可欠なのです。

 

この手法は今でもまったく変わっていません。

キラーコピーの秘密ー続続々その19ー

※この資料を使っての説明を行っています。
ダウンロードを忘れずに!
http://the-ultimate-sales-writer.com/sjbn

いつも本当にありがとうございます。

あっくんです。

ここのところ、
暑くなったり、寒くなったり。

気温の変化が激しくないですか?

私、風邪をひいてしまいました(;^ω^)

あなたも、
体調に気をつけてくださいね!

体あってこその自分自身ですので。

今回も広告解説です。

広告の詳細を知ることによって、
どんな欲求に訴求し、
読み手の感情を動かしているか。

また、
どんな流れでCTA(コール・トゥ・アクション)
まで導いているか。

各パーツの役割などを理解することができ、
意識しながら写経を行うことによって、
実際に自分で文章を書くときに大きな力となるので、
しっかりと読んでください。

では、
今回一つ目の広告はこちら!
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/7.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/7a.png



 

ジョン・ケープルズによる作品です。

『ほら、50ドルも余分にあるんだよ。グレース』
ー確実に、今、私は稼いでいるー
「そうなんだ、給料日まで内緒にしていたんだよ。
昇進して、月給が50ドル上がったんだ。
そして、最初の昇給分は君のものだ。
ほんの少しだけど、家で勉強するよう、僕の背中を押してくれたお礼だよ。
上司がね、空き時間に僕がやったトレーニングが、
会社全体にとって僕を価値ある人材にしたって。
そして、次の昇給もすぐだと言われたよ。
これで生活は楽になっていく。グレース、君とICSに感謝しているよ。」
ICSは100年以上続いている現存する会社で、
国債通信教育学校の略です。

 

 

ストーリーは読み手を惹きつけるという実例ですね。

 

男性が現金を手にしている画像が広告にインパクトを与えているようです。
これも当時のリードジェネレーション広告でした。

 

 

次は、こちらです。
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/8.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/8a.png


 

 


めちゃくちゃ有名なレジェンド広告です。

 

この広告にも、先ほどの広告と同様に、
冒頭に挿絵とキャプションが掲載されています。

 

『「この人、弾けるのかしら?」と少女が小声で尋ねました。
「無理に決まっているわ!」とアーサーは声高に言いました。
彼は人生で一度も一度たりとも弾いたことはありませんでした。』

 

ピアノの前に腰掛けようとしている男性。そしてそれを笑って見ている人たちへの姿が
見えます。
彼の耳には彼女の囁き声が聞こえています。

 
このイラストは次のキャッチコピーを
理解するのに意図役買っています。

『私がピアノの前に座った時、みんな笑った。
しかし弾き始めた時・・・」

 

このキャッチコピーは様々なパターンで、
いたるところで今もなお使われています。
この広告はキャッチコピーだけではなく、
サブヘッドラインが重要な役割を果たしています。

 

「そして、私は鍵盤をたたいた。
教師の存在なしに私がどうやってピアノを覚えたか。
お好きな楽器を演奏しましょう。
無料のパンフレットをお送りします。無料デモレッスンもあり!」
この広告も、先ほどの広告と同様にストーリーになっています。

 
改めて、
コピーにおいてストーリーはとても重要です。

今回の最後の広告はこちら。
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/9.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/9a.png

 


この広告は1947年頃の広告です。

 

『ライター志望 でも初めの一歩が踏み出せない人たちへ』
「いつも書きたい、書きたいと強く思っているのに、
初心者には無理なんじゃないか、と決めつけていませんか?
もしそうなら、元リバティ誌の編集者のことばに耳を傾けてみてください。」

 

 

この後のサブヘッドラインを見てください。

 

●コースが始まったらすぐに記事を4本売り込もう。

●書き方適性検査を受検ー無料!

●クーポンをいますぐ郵送してください。

●VETERANS この講座はVETERAN’S公認です
「注目を集め」、「関心を惹きつけ」、
「欲求を誘発し」、「行動を促す」という
AIDAの法則の通りに適切な要素が並べられています。
昔の広告の多くにクーポンがついていました。
フリーダイヤルやインターネットが登場する前の手法です。
クーポン付き高校とクーポンの無い広告を比較しても、
結果は大差ないことがわかっています。

 

 

インターネット時代の現代では、
顧客をサイトへ誘導する手も使えますし、
フリーダイヤルの番号を載せさえすれば、クーポンを付ける必要はないかもしれません。
「古きを温ねて新しきを知る」と言いますが、
時代を超えて有効性が実証されている方法を研究してみましょう。

 

時代は変わっても、普遍的な人間の欲求は変わらないのですから。

キラーコピーの秘密ー続々その19ー

 

※この資料を使っての説明を行っています。
ダウンロードを忘れずに!
http://the-ultimate-sales-writer.com/sjbn


前回から引き続き、
実際のレターの解説を行います。


まず、1つ目のレターはこちら
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/3.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/3a.png


 

『たった1ドルで16回のダンスレッスンを体験しませんか? もしも・・・』

もちろん、
「もしも・・・」の後が肝心です!
その続きを知るために読者は先を読み進めたいとうずうずします。

『たった1ドルで16回のダンスレッスンおを体験しませんか?

 

 
もしも一流のダンサーになるべく練習を重ねれば、あなたとの親睦会には
長蛇の列ができるでしょう。

 
マリー流のダンスレッスンなら、身のこなし、優雅さ、自身が身につき、
あなたの個性にも磨きがかかります。

 
アメリカの社交ダンス界で最も権威あるスクールのレッスンを、
1回、たった1ドルで体験しませんか?』

 
いまでもこのメッセージに効果があるかはわかりませんが、
この長い文書にはメッセージ性がしっかり感じられます。

 
写真にはキャプションが付いていません。

 
写真を掲載するときは、
キャプションや説明は不可欠です。

 
目にしたものが何なのか、
なぜそこに掲載されているのか、
読者が理解しているとの思い込みは禁物です。



 

 
2つ目のレターはこちら、
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/4.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/4a.png


 

 


 
『説かれた愛の神秘
または結婚へのなだらかな道のり』

 

この広告は120年以上前に作られた広告です。

 

すばらしいヘッドラインです。

 
とても幸せそうなカップルが、
抱き合って微笑んでいるイメージが広告に相乗効果をもたらしています。

 

 

このケースに限っては、
画像が効果的に作用しているといえるでしょう。

 

恋愛パワー恐るべし!!
ですね!



 

 
次のレターはこちらとこちら
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/5.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/5a.png

 
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/6.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/6a.png


 


 


 


 

 
まったく逆の内容の広告ですが、
この2つは同じ会社の広告です。

 

『ぽっちゃりしよう!
ローリングの「ファット・テン・ユー」と
「コーピュラ・フード」は、
痩せ気味なあなたを健康的なふくよか美人に、
疲労衰弱した方にはみなぎる活力を与えます。
サラサラな血流を取り戻し、不快な発汗を抑えます』

 

 
ヘッドラインの鏡といえるものです。
この広告も1800年台後半に書かれたものです。

 

 

『33ポンド減量 エジソン博士の肥満治療法
減量成分と相乗効果が可能にした、あなたのスリム化!
エジソン博士の肥満治療薬とフルーツ・ソルトが、
薄着のシーズンの到達前に、あなたの毎日をヘルシーに、
スマートに、スリム化します』

 

 
「肥満解消の決め手!」

 
かなり太ってみえる人物の下にはサブヘッドラインがついています。

 

 
ベルトのイラストの横にはキャプションが添えられています。

 

 
『エジソン博士の肥満用支持ベルトは太った男性も女性もお使いいただけます。
支持ベルトは体が弱い女性に最適です』

 

 
そして、数値化したデータが並べられています。

 

広告の下の方には、
「この部分を切り取って、24件のコラム記事を掲載した我が社の
新冊子をお取り寄せください。
『肥満治療法』」

 

これらが1890年代のリードジェネレーションの実例です。

 

当時もこのような広告は受け入れられていたようです。

 

 

 

 

次回もお楽しみにしていただけると嬉しいです。

 

あなたとのご縁に感謝しています。