キラーコピーの秘密ー続続続々その19ー


※只今、この資料を使っての説明を行っています。
ダウンロードを忘れずに!
http://the-ultimate-sales-writer.com/sjbn

 

いつも本当にありがとうございます。

セールスコピーライター&マーケター
あっくんです。

 

今回のひとつめの広告解説はこちら!
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/10.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/10a.png


まず、キャッチコピーから。

 

『起業するためのヒントが1万も! この巨大な本一冊に満載!」
そして、1冊の本のイラストとキャプション。

 

「10,000のアイデア、秘密の法則
もし、あなたがひたすら独立を求めているなら・・・
これらの実用的なアイデアで、今すぐ実行あるのみ」

 

読みづらいかもしれませんが
サブキャッチコピーはこちら。

 

「たった1つのアイデアからがっちり儲ける!」

 

 

ジョンソンボックスの中には、
こんなことが書かれています。
※ジョンソンボックスとは、
四角に囲んで、人目を引くものを言います。
使い方は様々ですが、ここでは割愛します。

 

「宣伝マンに送る入門書も同封されています-がっり大儲けできる商品
、販売会や祭りで大人気、1日に25,000ドルの大儲け、例外なし」

 

 

 

次の広告はこちら!
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/11.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/11a.png



 

『マッチョボディになる方法』
『リキッド・マーブルえ大儲け』

 
リキッド・マーブルについてはよくわかりませんが、
他にも参考になるキャッチコピーがたくさん書かれています。

 

『どもっていませんか?』
『自宅でメールオーダービジネスを始めましょう』
『無料本あります!』
『戦争と平和の時代の原子力』
『錠前の秘密』
『自宅で学ぶ鳥の標本のつくり方』
『特許と商標』
『自動車のボディとフェンダー修理で高給与』
『たった90日の自宅学習で、使える専門知識を学ぶ』

 
これらは、ガイドとしてこの先もずっと役に立つサンプルです。

 
次の広告はこちら!
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/15.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/15a.png



 

『時代に乗り遅れるな
1944年、セックスの新事実が今、明かされる!
男女の性の研究
カラー写真で見る人体』

 

サブヘッドラインには、
●この本があなたを目覚めさせる
●内容の一部を無料冊子でお届けします!

 

今でも「セックス」という言葉は、
とてもよく反応が取れます。

 

普遍こそ最強の真実なのです。

 

こちらの広告もセックスという言葉を使っています。
そして、ストーリー仕立てですね。
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/16.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/16a.png



 

最後はこの広告です。
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/17.png
http://akkun2001.xsrv.jp/contents/the_swipe_file_kobetsu/17a.png



 

『起業するつもりだと行った私をみんな笑った」

 

 

このキャッチコピーは、
ジョン・ケイプルズのキャッチコピーにアレンジを加えて
使用しています。

 

 

どんなキャッチコピーを作ればよいかわからなくなった時は、
「~する度にみんな笑った。でも私が・・・」という一文を使うのも
一つの手です。

 

 

先ほどの広告のサブヘッドラインをご覧ください。

 

●メールオーダーで儲ける
●10万ドル
●証拠
●その秘密
●今すぐ始めよう
●無料冊子

 

この広告は、
読者の視線を誘導する別経路の手法も
大変良く出来ています。

 

読者が読みたくなければ、
それ以外の部分には目を通す必要がないのです。

 

読み手は、目立つ部分をざっと読んで、
気になるところだけを読みます。

 

なので、
サブヘッドラインはコピーライティングにおいて、
必要不可欠なのです。

 

この手法は今でもまったく変わっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です