キラーコピーの秘密-その19-


今日から、「The Swipe File vol.1」を
使用しながら、キラーコピーの秘密の説明をしていこうと思います。
※「The Swipe File Vol.1」はこちらからダウンロード!!
http://the-ultimate-sales-writer.com/sjbn



——————————————————–

■キラーコピーの秘密ーその19-


『石鹸はどんなバカでも作れるが、
それは頭のいい人じゃないと売りさばけない』



何かを売るには、頭がよくなければなりません。


ここで言う「頭の良さ」とは、
人間心理を理解するということです。


プレゼントした「The Swipe File Vol.1」の
2ページと3ページをご覧ください。
http://the-ultimate-sales-writer.com/ozuv

http://the-ultimate-sales-writer.com/k67f 


まず、ヘッドラインに注目してください。


このコピーを読むと、
彼女は自分が売り込もうとしている市場を
とてもよく理解しているのがわかります。



当時の市場では、
女性は「丸く太って、心も体も健康的になり、魅力的」に
なることを望んでいます。


なので、
「痩せ過ぎていませんか?」というヘッドラインは
見事に的を得ています。


現代であれば、
「太り過ぎていませんか?」となるでしょう。


もっと言うと、
「メタボリック対策はお済みですか?」といった表現の方が
いいですね!



重要なのは、
彼女がこのメッセージの中でターゲット顧客を絞っている点です。



まず、
「痩せ過ぎていませんか?」という1文で注目を集め、
1日15分で「丸く太って、心も体も健康的になり、
魅力的な肉体が手に入ります。
人間のあるべき姿にどうして戻ろうとしないのでしょうか?」

という宣伝文句で関心を惹きつけます。



それから、消費者の欲求を刺激します。



読者が彼女のオファーに食いつくように、
推薦文でよりリアリティーを高めます。



数千人が試しているのに、あなたは試さないの?
格段に魅力的になるし、自分自身にうっとりするはずです。


そうたたみかけてから、
連絡を取るように促します(コール・トゥ・アクション)


そして、
情報の提供もアドバイスも全て無料だと伝えます。



読み手にとっては大変素晴らしい広告と言えるでしょう。


■キラーコピーの秘密ーその19-


『石鹸はどんなバカでも作れるが、
それは頭のいい人じゃないと売りさばけない』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です