キラーコピーの秘密-その17・18-


■キラーコピーの秘密-その17・18-

○キラーコピーの秘密その17

『低級なコピーで、最高の売上を得る』



つまり、
めちゃくちゃ簡単な言葉を使えということです。


簡単でわかりやすい言葉を使い、
明確に伝えれば、ほかのありとあらゆる方法と同様に、
大学教授のような分析型の人間さえ、好きなだけ捕まえられます。


逆に、インテリ向けのコピーには、
誰も引っかかりません。



○キラーコピーの秘密その18

『誰もがみんな同じ人間』


人間は人間です。


誰もが寸分も違わずに全く同じです。


人間の行動そのものは、基本的には何ら変わりません。

人間の行動は決して変化しません。




●マクスウェル・サックハイムの4つの質問


「ここに挙げる4つの質問に対して答えを見つけてみよう。
もし答えられなければ、ものを売ることはできない」

マクスウェル・サックハイムの言葉です。


※マクスウェル・サックハイム、
1900年代前半の広告マン。

3つのNOTと言われる、

人は広告を

・読まない(Not Read)
・信じない(Not Bilive)
・行動しない(Not Act)
の提唱者

海外では、
もっとも優れた広告人・マーケターに与えられる
「マクスウェル・サックハイム賞」というものがあります。



これから挙げる4つの質問は
彼がコピーを書くときに常に問いかけていた事です。



・質問1:

「ターゲットとする見込み客が
あなたの広告に目を通さなければならない・耳を貸さなければならない理由とは?」



・質問2:

「ターゲットとする見込み客が、
あなたの話を信じなければならない理由は何か?」



・質問3:

「ターゲットとする顧客または見込み客が
あなたのオファーに対して行動を起こさなければならない理由は何か?」


・質問4:

「どうして『今』でなくてはならないのか?」



広告を「Salesmanship in print」と定義した
ジョン・E・ケネディ。

彼が提唱した
「Reason Why」
と同じですが、
この4つの質問を自分自身に問いかけて見てください。


もし答えが見つからないようなら、
その広告を出しても無駄になります。

 

■キラーコピーの秘密-その17-

『低級なコピーで、最高の売上を得る』

■キラーコピーの秘密-その18-

『誰もがみんな同じ人間』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です