キラーコピーの秘密ーその13ー


■キラーコピーの秘密その13


『すべてを語り尽くせ』



よく「コピーは短いほうがいいか長いほうがいいか」と
問題になります。


正解は、
「長すぎるコピーなど存在しない」です。


すべてを話し、すべてを説明しなければ
そのレターは必ず失敗します。


100ページに及ぶセールスレターも、
その内容がすべてを説明するのに必要であるならば、
それは「長いコピー」ではないのです。


逆に、
短すぎるコピーも存在しないのです。


その文章がすべてを説明していれば、
そのコピーは短すぎないのです。


長すぎるコピーも短すぎるコピーも、
すべてを語り尽くしていなければ、
文章を足さなければなりませんし、
余計な文章が入っていれば、
削ることが必要になるのです。



この作業は、
編集の作業で行います。



初めから長くコピーを書こうとするのはやめてください。


ただ、すべてを語り尽くしてください。

 

■キラーコピーの秘密その13

『すべてを語り尽くせ』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です