キラーコピーの秘密ーその12-


キラーコピーの秘密その12

『ターゲットとする顧客の心境、欲望、欲求への共感を通じて、
マーケットにマッチする徹底的なメッセージが不可欠!』



あなたの広告が伝えたいメッセージから
少しでも外れていたのなら、それが1ミリでも、100万キロでも
大差ないということです。


見込み客の心理にピッタリ合わせなければなりません。



コピーを書く魅力の一つは、
書いたコピーを人々が目にしたり、読んだり、
聞いたり、行動を起こしたりすることです。


見込み客の思考に深く入り込み、
その顧客の感情に同調していると感じること。


あなたに、
見込み客の心境に近づけと言っているのではありません。


見込み客の心境に深く入り込まなければいけないのです。


コピーを書くことは、心理学です。


すべて人間の行動に基づいています。


何かを売るということとは無関係です。


そんなものとは無関係の行動科学なのです。


優れたコピーライターとは、
話題や題材に関係なく、コピーが書ける人間です。


参入市場についてあまり良く知らない場合、
自分の理解の程度を確認するために、
一緒に働いている人にいくつかの簡単な質問をします。


「見込み客について教えて下さい。」
「見込み客を特定してください。」


そのあと、数分はその質問についてやり取りしますが、
実際には、その人物を見ることが目的です。


自分の前に座っている女性なり男性を見て、
1人の人間として彼らを理解し、彼らが考え、
感じていることを完璧に把握したいのです。


これは心理学であり、人間の行動なのです。


世界一優秀なコピーライターになるには、
人間がどのように物事を考えているか、
つまり心理学と人間の行動についての本を読み、
勉強をすること。


見込み客の心境を、
人間の行動と心理学という視点で観察することこそが
重要です。


ここで大事なのは「共感」です。


共感とは、
基本的に、見込み客、ターゲットとする顧客、
既存顧客を理解または同情することを意味します。


ほとんどの人間は、簡単には共感しないので、
見込み客を深くそのコピーに繋ぎ止めなければなりません。


コピーを通じて、共感を説明しなければなりません。


コピーを書いたのが誰であろうと自分だけに話しかけていると
思えるほど、親近感を感じさせなければなりません。


「この人は私のことを知っている、理解してくれる、
このコピーは私自身のことなんだ」と
顧客があなたと心の一体感を感じることが必要なのです。

 

キラーコピーの秘密その12

『ターゲットとする顧客の心境、欲望、欲求への共感を通じて、
マーケットにマッチする徹底的なメッセージが不可欠!』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です