キラーコピーの秘密4


■キラーコピーの秘密その4

【いい商品またはいいサービスが不可欠】

ここでいう「いい商品、いいサービス」とは、
『顧客が買いたいと望んでいる商品・サービスとは何なのか?』
ということ。

誰もが自分の商品はすばらしい品質を持っていると思っています。

しかし、ここでいう良質とは、
『顧客が買いたいと思える商品であるかどうか』ということです。

最良の商品であるとかそういったものでなくてもいいのです。

『顧客がただその商品を買いたいと思えるかどうか』ということなのです。

顧客のニーズやウォンツkを無視した商品やサービスを売り出す人たちも少なくありません。

あらゆるものにはそれがあるべき形があり、
誤解や誇張、そして達成できない契約があってはならないということです。

 

本質的にも道徳的にも正しい手法でコピーを書いて売っていきましょう。

あなたが扱う商品がターゲットである顧客にとって興味のないものであったり、
その設定価格が気に入らなかったりすれば、それはコピー以前の問題になります。

このことを忘れずにいてください。

 

・キラーコピーの秘密その4

【いい商品またはいいサービスが不可欠】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です