キラーコピーの秘密ーその2ー


ライティングスキルの向上の調子は、
いかがでしょうか?

前回から、
以前、無料プレゼントさせていただいた
「キラーコピーの秘密」を
ひとつずつ詳しくお話しています。

「キラーコピーの秘密」のダウンロードがまだの方は、
こちらからダウンロードをお願いします!
キラーコピーの秘密全体図 

今日は、「秘密その2」をお話します。

——————————————————–

■秘密その2

【ただ単に情報だけを伝達しようとすると、不満足でかんばしくない結果しか得られない】

 

今の学校教育では、
一連の出来事について誰かに話しを伝えるときは、
「なるべく脚色せず」、「理性的に」、「味気なく」話すよう教育されています。

「考える」ということが、
いつも論理を伴っているとは限りませんし、
コミュニケーションに本当に役に立つかということとはまったく無関係です。

相手とコミュニケーションをとろうと考えることが、
コピーを作ることにおいて一番重要なことになります。

つまり、
学校の作文のような文章ではつまらないし、
誰も興味を示さないでしょう。

それは、人とのコミュニケーションに何ら役に立ちませんし、
「売上を上げる文章」とは言えません。

読み手に伝わらない専門用語を使うなどはNGです!

誰かに反応してもらうこと、
何かを購入してもらうことがコピーライティングの目的であり、
ただ単に情報を伝達するだけでは不十分なのです。

ソファーでくつろいでいる人の感情に訴えかけ、
電話をかけさせたり、
書類に記入させたりすることがコピーライティングです。

 

以上、キラーコピーの秘密その2でした!

最後までご覧いただき、
本当にありがとうございます。

あなたとのご縁に感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です